グリーン土木ってどんな会社?

 私たち双グリーン土木は、昭和48年(1973年)の創業以来、公園・緑地などの公共造園、街路樹の剪定業務や伐採業務などの維持管理業務から、法面などの公共工事まで、幅広く手がけてまいりました。
これまでに培った造園や土木の技術で、これからも街づくりや住まいの環境づくりの分野で、皆様の笑顔のために貢献して参ります。

代表メッセージ

 私ども双葉グリーン土木は、1973年の創業以来、「技術の追求」と「誠実であること」を理念として「みどり溢れる街づくり」をめざし、造園、法面緑化・保護工事を中心に事業を展開してまいりました。
多くの経験豊かな技術者を抱え、 常にお客様に安心と満足していただけるクオリティーの高い仕事を目指した業務を進めるとともに、やすらぎや潤いある美しい景観づくりや、世界的な課題である地球温暖化等環境改善に少しでも貢献できる、 自然との共生を目指した業務の推進を行なっております。
地球に優しい環境づくりをすべく、これからも双葉グリーン土木社員一同精進してまいります。

会社情報

company

沿革

昭和47年5月室原泰二(現会長)と兄弟が造園業を始める。
昭和48年10月双葉グリーン土木(株)設立。資本金100万円
昭和51年浪江町牛渡に本社事務所設置
昭和53年8月資本金を400万円に増資
昭和58年1月資本金を800万円に増資
昭和58年5月相馬営業所を開設
昭和62年4月法面緑化事業に進出。
(株)彩光のSF工法・TG工法を採用し営業を開始。
平成3年12月資本金を1600万円に増資
平成5年12月資本金を2000万円に増資
平成9年有限会社殖産設立。資本金500万円
平成11年10月双葉事業所を開設。
平成12年10月相馬郡小高町(現南相馬市小高区)に 小高事業所を開設。
平成16年3月相馬営業所を廃止
平成19年3月南相馬市小高区 小高事業所内に 産業廃棄物中間処分業(木くずの破砕処理)許可
平成19年4月(有)殖産を吸収合併
資本金を2800万円に増資
平成20年5月福島県建設業新分野進出企業認定 (産業廃棄物の中間処理施設の設置運営)
平成25年8月代表者変更 室原泰仁 就任

会社概要

社名   双葉グリーン土木株式会社
設立   1973年10月9日
資本金  28,000,000円
社員数  32名
役員   代表取締役 室原 泰仁

事業内容  造園工事
      土木工事
      法面保護工事
      解体工事
      緑化メンテナンス・維持管理業務
      一般・産業廃棄物収集運搬・産業廃棄物中間処理(木くず)

小高事業所

双葉グリーン土木株式会社 本社   〒979-1501 福島県双葉郡浪江町大字梅の花52番地
TEL・FAX:0240-34-4414

双葉グリーン土木株式会社 小高事業所 〒979-2146 福島県南相馬市小高区下浦三輪88番地
TEL:0244-26-4067 FAX:0244-26-4068

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー